床の表面を保護してくれるフローリングワックス

男性

ピカピカのフローリングに

フロアコーティングはワックスと比べても様々なメリットがあります。長ければ施工後30年程度効果が持続し、コストパフォーマンスが高いです。普段のお手入れは水拭きで簡単に行え、コーティング剤は安全性に優れたものです。

部屋

下地処理がとても重要です

施行することで、綺麗な床を長期間維持することが可能とされるのがフロアコーティングです。一度塗るだけで長くても約20年は維持します。フロアコーティングを行なうにも知識だけでなく、きちんとした作業技術も必要となるため、専門業者に依頼するのが得策です。

床面の保護と艶出し

床

材質に適したワックスを

フローリングワックスを活用する最大のメリットは、床材を保護しピカピカに仕上げられる事です。フローリング上は常に人が歩いたり、椅子などの家具を移動したりなど、傷が付きやすい状態にあります。フローリングワックスを日頃から定期的に塗り、フローリングの表面に保護膜を作っておく事で傷が付きにくくなります。またフローリングワックスを活用する事で、光沢が出て見た目も綺麗になります。フローリングワックスは床材表面の細かな部分にまで入り込ませる事が出来、その結果、床材の表面は平らになり、光を反射し部屋全体を明るくする効果が得られます。フローリングワックスには油性と水性、樹脂ワックスなどがあります。これらのフローリングワックスには成分に違いがありますが、フローリングワックスをフローリングに塗り水分が飛び乾いて行く事で表面に皮膜が出来る仕組みは同じです。しかし、現在フローリングには数百を超える様々な種類が存在しています。フローリングにはそれぞれに異なる構造と性質があり、床の材質に適したフローリングワックスを利用する事が大切です。誤って床材に適さないフローリングワックスを使ってしまうと、フローリングを痛めて耐久性が落ち、その結果、床材の寿命を短くしてしまう事もあるのです。最近ではメンテナンスのいらないフロアコーティングも人気があります。フロアコーティングは一度施工する事でメンテナンスの必要がなく、耐久性にも優れ傷が付きにくいのが特徴です。以前は新築でないと施工が難しかったフロアコーティングも、新築でない家の方でも検討する事が可能になっています。